Fragola Principessa

アクセスカウンタ

zoom RSS 待ち合わせ

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2


デートの待ち合わせ。




待たせる派?待つ派?

人によって違うけれど

彼らはどうだろうか?




【健気な彼女と悪戯好きの彼氏の場合】






どきどき






「10時10分・・・・」




待ち合わせは9時10分。
丁度一時間が経った。



しかし、依然として待ち人の姿は見えないまま。



普通ならば相手が遅れたことに対してイライラしてくるのが
大半の人の常なわけなのだが、
生憎彼はその大半に当てはまらない人間だった。



「なんかあったんかな・・・。

電話も繋がらへんし、なんか急用でもこなしてるんかなぁ」



イライラするよりも、まずは相手の心配。
携帯が繋がらなくても疑いを持つことは一切ない。
相手の男がしょっちゅう電源を入れ忘れる、ということもあるが。


「カフェとかで座っててもえぇかな?

でも場所から離れたらアカンよね・・・」




人は彼のような人間をお人好しと言うだろう。
遅刻した相手を気付かって自分を優先することのない彼は
まごうことなきお人好しだ。
そしてそんな健気な彼の相手はドが付くほどのSだったりする。




「たっちょん・・・」












「はーい」




だいたい相手の男は彼がぽつりと寂しさを口にしたあたりで姿を現す。


「んは、今日はちょっと遅すぎたみたいやな」


男は今にも涙が溢れ出しそうな目尻に優しい優しいキスを落とす。
彼の涙はたった一回のキスでぴたりと止まってしまう。



「やって、今日は久々のデートやったんやもん」


「いつも俺が遅れるんやからやっさんも遅れたらえぇやんか」


「2人とも時間に遅れたら待ち合わせ時間決める意味がないやろ?」




ごもっとも





「それに僕が遅れても、もしかしたらたっちょんが早くくるかもしれへんやん。

そう思ったら遅れてなんて来れへんよ」


流石メンバーから優し過ぎると称されるだけあって、
彼は約束に妥協を許さない。
そして男の方は毎回毎回、
こうして彼から愛されている確証を得るために遅刻を繰り返す。


「俺って愛されてるわぁv」

「僕が好きやないとでも思うん?」

「全然」

「ふふ、たっちょん自信家やぁ」

「嫌い?」

「大好き」








では、気を取り直して。


仲良く手を繋いで行きましょう。




+・・・End・・・+

待ち合わせの話。

シリーズにして全CP分書こうかなぁと思ってます。

健気に忠犬のごとく待ってる章ちゃんと
影から楽しんでる倉さんを想像しつつ書いたわけですが、
これが中々たのしくて(笑)

ラブラブに恋人つなぎでデートに行く2人を
街中で目撃できたらいいのになぁ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも、ここの小説見させていただいております。
感動をありがとうございますっ♪
http://yaplog.jp/roguinn/
↑私のブログです。よかったら来てくださいね^^
私も倉安が好きで、その二人が絡んでると、ウハウハします笑
まゆこ
2007/10/05 05:52
>まゆこ様
初めまして(^^)
感動をありがとうございますなんて勿体無いお言葉をいただけて私のほうこそありがとうございますvv倉安はもうベタベタでもなんでもしててくれればいいですよね(笑)ブログのほうはお邪魔させていただきますね。
Silvy
2007/10/05 19:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
待ち合わせ Fragola Principessa/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる